rain

トルコRepublic of Turkey

古くから「東西文明の十字路」として栄え、ヒッタイト帝国、古代ギリシャ・ローマ、ビザンチン帝国、セルジューク朝、オスマン帝国などが興亡した場所である。トルコが今に続く近代国家として誕生したのは1923年で、これは第1次世界大戦の敗戦後、連合国による分割占領に抵抗した末、ローザンヌ条約によりトルコ共和国が成立したものである。一時は、トルコ・リラの暴落による金融危機に見舞われたが、国際通貨基金(IMF)の支援のもとで危機を克服し、今はG20(金融世界経済に関する首脳会合)のメンバーとしても存在感を増してきている。
また、トルコは国民のほとんどがイスラム教徒だが、積極的に西欧の価値観や文化を受け入れる一方で、国内では、信仰心と国家の発展との狭間で社会的な葛藤もある。そのトルコ経済の新たな原動力となっているのが、石油と天然ガスの「エネルギー輸送」である。カスピ海沿岸地域にある石油・天然ガスの一大供給地を中継するパイプラインを国内に敷くことで、東西南北を結ぶ巨大な「エネルギー回廊」としての役割を担うことができると考えている。また、日本とトルコは1万1,000キロを隔てたアジア大陸の東と西の端に位置しているが、両国間の友好をいしずえに、日本からは自動車産業を中心に多くの民間企業がトルコへ進出し、欧州市場向けの生産拠点としている。

地理情報

国 名 トルコ共和国(英語名:Republic of Turkey)
首 都 アンカラ市(英語名:Ankara)
国土面積 780,576平方キロメートル(日本の約2倍)
地 理 地理的に三方を黒海、エーゲ海、地中海に囲まれ、日本の東北地方の北緯に位置する。
気 候 朝夕の温度変化が大きく天候が変化しやすく、夏場は40度近くまで暑くなり冬場は-5度近くまで寒くなる。
GMTとの時差 +3時間、日本との時差は6時間(日本が正午の時、トルコ共和国は午前6時)

基礎統計

人 口 8,081万人(2017年 / IMF)
GDP 8,515億米ドル(2017年 / IMF)
1人当たりGDP 1万537米ドル(2017年 / IMF)
GDP成長率 7.4%(2017年 / IMF)

国民・社会

民 族 南東部を中心にクルド人、その他アルメニア人、ギリシャ人、ユダヤ人等(外務省)
言 語 公用語はトルコ語(外務省)
宗 教 イスラム教(スンニ派,アレヴィー派)が大部分を占める。その他ギリシャ正教徒,アルメニア正教徒,ユダヤ教徒等。(外務省)
通 貨 トルコ・リラ(外務省)
識字率 96.17% (2016年 / UNESCO)
最低賃金 トルコ家族・労働・社会サービス省のゼフラ・ズムリュット・セルチュク大臣は2018年12月25日、諮問機関の会合後に記者会見し、最低賃金を1,603トルコリラから2,020トルコリラ(約4万2547円)に26.05%引き上げることを15委員の全会一致で決めたことを明らかにした、と各報道機関は伝えている。

政治

政治体制 共和制
元首 レジェップ・タイップ・エルドアン大統領(2014年8月28日就任:任期5年)(外務省)
行政組織 2018年7月内閣発足。16の省で構成されている。(外務省)
議会制度 一院制 (550議席 任期4年 複数政党制) 議長:イスマイル・カフラマン(Mr. Ismail KAHRAMAN)(外務省)
現在の
政治的状況
2016年5月22日,ユルドゥルム運輸海事通信大臣がAKPの新党首に選出されたことに伴い,ダーヴトオール首相(当時)は辞任を表明。エルドアン大統領から首班指名を受けたユルドゥルム首相による新内閣が組閣され,2016年5月29日,トルコ大国民議会における信任投票の結果,信任多数で第65代内閣が発足した(2017年7月に内閣改造を実施)。(外務省)

日系企業

日系企業
進出数
日系企業総数(拠点数)197社 外務省「海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)」

実 績

  • エアコン市場調査
  • 放送局・新聞社調査