rain

スリランカDemocratic Socialist Republic of Sri Lanka

仏教国スリランカは日本にとって歴史的な友好国である。故ジャヤワルダナ元大統領は、1951年のサンフランシスコ講和会議に当時蔵相として出席し、対日賠償請求権の放棄を明らかにし、さらに日本を国際社会に受け入れるよう訴えた。
現在スリランカは非同盟の立場を維持しつつ、隣国インドとは,政治・安全保障上極めて重要な国として良好な関係維持に努めている。また経済社会開発の観点から日本等先進諸国との関係を強化しており,09年のスリランカ内戦終結前後から,中国との関係も強化。南アジア地域協力連合(SAARC)の加盟国としてその発展に積極的に関与し,2006年にはアセアン地域フォーラム(ARF)にも加盟するなど,域内及び東南アジア諸国との協力関係強化にも力を入れている。
スリランカ経済は,紛争の終結による復興需要や経済活動の活性化等によって,2012年に過去最高となる9.1%の経済成長を達成して以来継続的に成長してきたが、2018年には鉱工業の大幅な減速により、実質GDP成長率が低下。輸出は主要品目の繊維製品・衣料品が堅調に増加し、全体で前年比4.7%増。輸入も燃料など中間財および自動車の増加により6.0%増加した。為替は2018年後半の政治混乱などを受け、対ドルベースで最大2割安となった。また、2019年4月に教会やホテルが狙われ290名が犠牲になった同時爆破テロはスリランカの外貨獲得産業である観光業に大打撃を与えており、今後の経済先行きに陰を落とすと共に、宗教間対立の原因にもなっている。

地理情報

国 名 スリランカ民主社会主義共和国(英語名:Democratic Socialist Republic of Sri Lanka)
首 都 スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ(英語名:Sri Jayawardenepura Kotte)
国土面積 6万5,607平方キロメートル(北海道の約0.8倍)(外務省)
地 理 スリランカの国土を成すセイロン島は、インド亜大陸南東のインド洋上に位置し、西部はアラビア海、東部はベンガル湾に臨みます。島の北部は平地が多く、南に下るに従い山地が多くなる。スリランカ最高峰のピドゥルタラーガラ山(標高2,524メートル)を中心にした中央山地が南部の大きな面積を占め、これがスリランカの気候風土に多くの影響を及ぼしている。(スリランカ観光情報局)
気 候 熱帯性の高温多湿で、モンスーン(季節風)の影響を大きく受ける。コロンボを含む南西部は、南西からのモンスーンの影響を受けて、年に2度(4~6月、10~11月)の雨季がある。国土の反対側の東部は、北東からのモンスーンの影響により11月~3月に雨季を迎える。北部地域は全体的に降水量が少ない乾燥地帯となっている。(スリランカ観光情報局)
GMTとの時差 +5.5時間、日本との時差は3.5時間(日本の正午はスリランカの午前8時半)

基礎統計

人 口 2,169万人(2018年 / IMF)
GDP 889億米ドル(2018年 / IMF)
1人当たりGDP 4,099米ドル(2018年 / IMF)
GDP成長率 3.2%(2018年 / IMF)

国民・社会

民 族 シンハラ人(74.9%)、タミル人(15.3%)、スリランカ・ムーア人(9.3%)(一部地域を除く値)(外務省)
言 語 公用語(シンハラ語、タミル語)、連結語(英語)(外務省)
宗 教 仏教徒(70.1%),ヒンドゥ教徒(12.6%),イスラム教徒(9.7%),キリスト教徒(7.6%)(一部地域を除く値)(外務省)
通 貨 スリランカ・ルピー、国際通貨コード はLKR。補助単位はセント。1ルピーが100セント。
識字率 91.9%(2017年、15歳以上 / UNESCO)
最低賃金 2016年、月額10,000ルピーに設定。

政治

政治体制 共和制
元首 ゴタバヤ・ラージャパクサ大統領(2019年11月18日就任、1949年6月20日生まれ)
首相 マヒンダ・ラージャパクサ首相(2019年11月21日就任、1945年11月18日生まれ)
行政組織 大統領、首相のもと50省 地方行政は9州(州議会あり)と25県(国際労働財団)
議会制度 一院制(定数225議席)
地方行政制度 大統領、首相のもと50省 地方行政は9州(州議会あり)と25県(国際労働財団)9州は西部州、中部州、北中部州、北部州、東部州、北西部州、南部州、ウバ州、サバラガムワ州。
現在の
政治的状況
スリランカでは2018年10月26日にシリセーナ大統領が突如としてウィクラマシンハ首相を解任しラージャパクサ前大統領を首相に任命、さらに10月27日には議会の11月16日までの一時停止を決定し、深刻な政治危機が出来した。この危機は、2018年12月16日にウィクラマシンハが復帰する形で、ひとまず収束した。(WEDGE)シリセーナ大統領の5年の大統領任期満了に伴い、2019年11月に大統領選挙が実施され、ゴタバヤ・ラージャパクサ・スリランカ人民戦線(SLPP)候補が当選。ゴタバヤ・ラージャパクサ大統領は新政権を樹立し、マヒンダ・ラージャパクサ元大統領(ゴタバヤ・ラージャパクサ大統領の実兄)が首相に就任。(外務省)

日系企業

日系企業
進出数
日系企業総数(拠点数)は92社(2018年10月1日時点)(外務省「海外在留邦人数調査統計(令和元年版)」)