rain

メキシコUnited Mexican States

メキシコは北米と南米の中間に位置しており両地域のアクセスが良好であるほか、太平洋と大西洋に面していることからアジア及び欧州・アフリカへのアクセスに優れているという地理的優位性を持っている。
また、メキシコは自動車産業の対北米輸出加工拠点であり、メキシコ進出日系企業の多くが自動車関連企業である。ただ、メキシコ経済の特徴はその対米依存度の高さにあり、「米国がくしゃみをするとメキシコは風邪をひく」と言われるほどである。国内の課題としては、人材不足や水道・電気コストの高さ、複雑な税制、社会主義的な労働法規などが挙げられる。また、トランプ政権の対メキシコ政策の影響から、2017年1月初旬には米国系自動車メーカーがメキシコの新規工場建設計画の中止を発表するなどしており、先行き不透明感が増している。
2018年には米国とのNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉長期化に加え、通貨安や政権交代(12月)など経済不安が高まったが、中央銀行による先行利上げが奏功しインフレが抑制されたため、民間消費が底堅く推移した。2018年12月発足のオブラドール政権の過度な緊縮財政や金利の高止まりから2019年に入り消費、投資ともに減速。米中貿易摩擦はじめ世界的な景気停滞リスクもあり、2019年の成長率見通しは下方修正され0.2~0.7%となっている。NAFTA再交渉は2018年半ばに決着し米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)が署名されたものの、自動車産業分野で原産地規則が過度に厳格化されたため、協定の活用は難しい。米中貿易摩擦の影響から、対米輸出を視野に入れた中国企業のメキシコ進出加速の動きもある。

地理情報

国 名 メキシコ合衆国(スペイン語名:Estados Unidos Mexicanos、英語名:United Mexican States)
首 都 メキシコシティ(スペイン語名:Ciudad de México、英語名:Mexico City)
国土面積 197万2,550平方キロメートル(日本の約5倍)
地 理 メキシコは北米大陸の南部に位置しており、北にアメリカ合衆国、南東にグアテマラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面している。標高5,000mを超える火山も珍しくない。
気 候 北部は乾燥していて、夏と冬の気温差は激しい一方で、南部は1年中高温多湿。首都メキシコシティの気候は年間を通じて温暖で、最も寒冷な12月と1月で東京の秋程度、一番暖かい4月から7月で東京の初夏程度。1年を乾期(11月~4月)と雨期(5月~10月)に大別出来る。(国土交通省)
GMTとの時差 メキシコは4つのタイムゾーンに区分されており、サマータイムを導入している州もある。
東部時間 -5時間、日本との時差は14時間(日本が正午の時、東部時間は前日の午後10時)
中部時間 -6時間、日本との時差は15時間(日本が正午の時、中部時間は前日の午後9時)
サマータイムはGMT-5時間(4月第1日曜日午前2時~10月最終日曜日午前2時)
山岳時間 -7時間、日本との時差は16時間(日本が正午の時、山岳時間は前日の午後8時)
サマータイムはGMT-6時間(4月第1日曜日午前2時~10月最終日曜日午前2時)
太平洋時間 -8時間、日本との時差は17時間(日本が正午の時、太平洋時間は前日の午後7時)
サマータイムはGMT-7時間(4月第1日曜日午前2時~10月最終日曜日午前2時)

基礎統計

人 口 1億2,474万人(2018年 / IMF)
GDP 1兆2,221億米ドル(2018年 / IMF)
1人当たりGDP 9,797米ドル(2018年 / IMF)
GDP成長率 2.0%(2018年 / IMF)

国民・社会

民 族 欧州系(スペイン系等)と先住民の混血(60%)、先住民(30%)、欧州系(スペイン系等)(9%)、その他(1%)(外務省)
言 語 スペイン語が幅広く使用されており、先住民族の65の言語も認められている。
宗 教 ローマ・カトリックが82.7%、プロテスタントが9%、その他5%となっている。
通 貨 メキシコ・ペソ(peso mexicano)、補助通貨単位としてセンターボ(centavo)。
識字率 95.4%(2018年、15歳以上 / UNESCO)
最低賃金 2020年1月1日、最低賃金は日額123.22メキシコ・ペソへ引き上げられた。

政治

政治体制 立憲君主制
元首 アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領(2018年12月1日就任、1953年11月13日生まれ)
行政組織 22018年12月1日時点で、大統領の下に省を含む20の行政機関が設置されている。
議会制度 メキシコ議会は上院と下院の二院制で構成されている。上院は128議席で任期は6年、うち96議席は相対多数制度を、32議席は比例代表制度とされている。下院は500議席で任期3年、300議席が相対多数制度、200議席は比例代表制度となっている。両院とも、議員の連続再選は禁止している。
地方行政制度 メキシコは31州と1連邦特別区で構成されている。州と連邦特別区ごとに、立法・行政・司法の三権分立体制が採用されている。また、憲法によって市町村制が採用されている。州知事の任期は6年であり、住民の直接選挙によって選出される。
現在の
政治的状況
2018年12月1日、メキシコで左派の元メキシコ市長アンドレス・ロペス・オブラドール氏が大統領に就任した。任期は6年。同氏は3度目の挑戦となった大統領選において、5割を超える票を得て圧勝した。同大統領は、政官界に深く根差した腐敗構造にメスを入れるとともに、最悪水準の治安の改善に取り組むことを約束し、汚職撲滅で無駄を省くことにより、財政を再建する考えを表明している。

日系企業

日系企業
進出数
日系企業総数(拠点数)は1,209社(2018年10月1日時点)(外務省「海外在留邦人数調査統計(令和元年版)」)